toggle

RYORIYA Stephan Pantel

by Dec 28, 2014
祇園の人気フレンチ
「ケザコ」の
 
ステファン・パンテルさんが
自身の店をオープン
 
 
 
先日

RYORIYA Stephan Pantel
 
門上武司さん、母、姉と
 
 
 
お庭の先に、
 
町家を改装された一軒家
 
 
 
 

広々とした

 
フランスと日本が、
モダンに融合された素敵な空間♪
 
 
 

 

美しい一皿からスタート

 

 

新米のピュレ、

マスカルポーネと鯖。

赤紫蘇ビネガーのジュレに 煎った新米

パンとの相性も最高です!

 

 

手際良く

どんどん生み出されるお料理

 

カウンターからの、眺めも心地よいイイ♪

 

 

ステファンさんの スペッシャリテ

 

フォアグラのコンフィ

奈良漬け巻き、南国のソース

 

 

京都の老舗

田中長さんの奈良漬けと

フォアグラの素敵な出逢い…

 

ステファンさんのお店に

行く事が決まってから

 

以前頂き、感動した

この一皿の味わいの

イメージが広がっていました♪

 

スペシャリテのある素晴らしさを

ご一緒していた

門上武司さんと話していたら、、

 

「この一皿は、以前は

Xmas限定メニューだったのですが、

 

門上さんが紹介して下さり、

食べたいという方が

次から次へと来られて

 

…定番にさせていただきました」とマダム

 

この素晴らしいスペシャリテに

こんなストーリーがあったとは、、

 

料理人の個性を見出され

伸ばされる、確かな目、感覚、

凄いと思います(^-^)★

 

栗のスープと鰻。

 

ローストした鰻のスモークは

香り味わいが口の中に広がって

 

 

鯛に海老芋

鯛の骨をローストした液体で

野菜も火入れされています

 

 

海老とアーモンドと菊菜のフラン。

 

 

シャラン産の鴨。

 

モモは菊芋と胸肉はロースト 

味噌を少しつけながら。

 

 

包丁の様なナイフ

素敵過ぎます

「有次製」で ステファンさんの

「ス」と描いてある。

 

絵画を描かれているような

後姿…

 

デザート

バニラと白味噌のクリーム

柿とラム酒のゼリー、トリュフのクリームを添え

 

 

ミニャルディーズ。

 

 

珈琲

 

 

ステファンさん、門上武司さんと

また

進化し続ける味わいを頂きに

伺いマス♪

私たちの食いしん坊知恵袋

門上武司さん

http://www.stephanpantel.com

京都市中京区柳馬場通丸太町下ル四丁目182

075-204-4311

Dec 28, 2014 | by info@walance-marilynmoon-shop.jp
Posted in DIARY, KYOTO, FOOD | Tags: |