toggle

ギャルリ百草

by Apr 10, 2011

岐阜県多治見にある
★ギャルリ百草★


築百年にもなる民家をギャラリーに
手前がカフェ


入口を入り 靴を脱ぎます


企画展は

“つくり手による
東日本大震災 チャリティー展”が

行われていて、
沢山の人で朝から賑わってました

選ばれた 器や生活用品が並びます

☆百草カフェ☆


窓から見える緑
机の先には、犬のオブジェ
遊び心あります☆

 

珈琲と抹茶のケーキ


ここで使われている食器は
安藤雅信さんの器や
オリジナル製品だそう

実際に試す事で イメージができます☆

☆ギャルリ百草☆の
安藤雅信さん

自身の暮らしの創意工夫を軸に
選ばれたものを置かれて、
自分たちの 生活している中で
本当に
必要なものをつくられている

美術館にあるような、鑑賞用ではなく
社会や日常にあるアートも含めた
生活道具

日本人にとっての美とは、
本来 特別なものではなく自分たちの
生活の中にある

明確な軸を持たれていて
ギャルリ百草は
実際に 生活の中にある美を
感じる事のできる空間でした

☆安藤雅信さんのつくられている
オランダ皿
白い器は いろんな使い方ができる
新しいのに
すでに愛着をかんじる歪み

☆鈍いシルバーのお盆
この鈍いかんじが 落ち着く
金森正起さん作

 

☆手描きの水玉のガラスは
かわいさのある 女性らしい作品
辻和美さん作
☆ピーター・アイビーさんの
吹きガラス
これもすでに愛着かんじます。

 

☆くるみの木の 苺のジャム
☆椿油、ローズマリー、ラベンダーオ
イルの入った石鹸 好きな香り

そして


オリジナルの
違う質感の便箋 封筒

生活の中に美を取り入れる事の
大切さ 。
四季を感じたり
日常に使う 生活道具。
とってもみじかなもの
それが本来の美 であり
生活を楽しむ工夫
なのだと感じられました。

★ギャルリ百草★
岐阜県多治見市東栄町2-8-16
0572-21-3368

Apr 10, 2011 | by info@walance-marilynmoon-shop.jp
Posted in TRAVEL, STAFF, 岐阜, JAPAN | Tags: |